全国ホームホスピス協会ホームページ




ホームホスピス®は、病いや障がいがあっても最期までその人らしく暮らせる「家」です。

一般社団法人全国ホームホスピス協会は、ホームホスピス®のケアの基準を制定し、基準に基づいたサービスの評価・認定を行うことを活動の基本にしています。ホーム(home)には地域や家族という意味もありますから、私たちは住み慣れた地域の中にあるもう一つの「家」にケアを必要とする人々が暮らし、ホスピスケアのチームが入ってサポートする仕組みを「ホームホスピス®」と呼んでいます。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

ホームホスピスの理念を実現するための基本条件

ホームホスピスの基本条件を「ケア」と「運営」の面から規定したものです。
ホームホスピスの基準では、この条件を実現するための具体的な内容を記述しています。

ホームホスピスのケア

A.住まいであること

・居心地のいい空間が準備されている
・本人にとって安心できる空間である
・既存住宅を活用し、そのよさが活かされている

B.「とも暮らし」という暮らし方

・住人どうしが共同した生活を送っている
・本人と家族の繋がりが保たれる適正な規模である
・住人どうし、家族どうしの繋がり、スタッフとの繋がりが確保されている

C.日々の個別ケア

・本人の意思と自己決定の尊重
・一人ひとりの生活のリズムを整える
・一人ひとりの人生の物語を大切にする
・暮らしを支えるために必要な医療がある

D.看取りのあり方

・本人が望む場所で、望むように生を全うできるように支援する
・家族が安心して看取れるように補完する
・人の死を受け入れ、最期まで本人と家族を支える

ホームホスピスの運営

E.開かれた運営

・住人と家族の意向を尊重する
・24時間の安心の保障
・住人の受け入れ
・活動や運営状況などの情報公開

F.地域づくりへの関わり

・さまざまな地域資源とのネットワークの構築
・地域に「看取りの文化」を創出するための活動を展開する
・地域課題の解決に向けた地域との協働体制の構築

G.スタッフの人材育成と管理

・運営スタッフ、ケアスタッフの理念の周知徹底
・研修と教育計画
・働く場の改善

H.安全管理

・リスクマネジメント

全国ホームホスピス協会 事務局
〒880-0913 宮崎県宮崎市恒久2丁目19−6
(ホームホスピス宮崎事務局内)
電話:0985-65-8087(協会専用)  FAX:0985-53-6054
【お問合せ受付時間 平日9:00〜17:00】