全国ホームホスピス協会ホームページ





ホームホスピス®は、病いや障がいがあっても最期までその人しく暮らせる「家」です。

 一般社団法人全国ホームホスピス協会は、ホームホスピス®のケアの基準を制定し、基準に基づいたサービスの評価・認定を行うことを活動の基本にしています。
 ホーム(home)には地域や家族という意味もありますから、私たちは住み慣れた地域の中にあるもう一つの「家」にケアを必要とする人々が暮らし、ホスピスケアのチームが入ってサポートする仕組みを「ホームホスピス®」と呼んでいます。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

在宅ホスピス実践リーダー養成プログラム研修

 在宅ホスピス実践リーダー養成プログラム研修(日本財団助成事業)は、受け入れ先を認定ホームホスピス事業所とした研修で、6ヶ月間の現場実習を基本とします。研修者は看護師、医師、介護福祉士など資格を持つ専門職であり、ホームホスピス実践のリーダーとなる方が対象となります。
 研修者には、健康保険、厚生年金、住宅手当などが生活費補助として支給されます。

 2017年4月以降にホームホスピスにおいて研修を希望する方は、申込書等、必要書類の提出期限が下記のとおりとなります。

【提出期限】2017年1月27日(金)

 お申し込みに必要な書類等につきましては、事務局までお問い合わせください。

全国ホームホスピス協会 事務局
〒880-0913 宮崎県宮崎市恒久2丁目19−6
(ホームホスピス宮崎事務局内)
電話:0985-65-8087(協会専用)  FAX:0985-53-6054